にきび予防に効く洗顔方法とは - にきび~予防の説明~
  • にきび予防に効く洗顔方法とは

    にきびが頻繁にできる、常にできている、治っても新しいのがすぐにできるという方は、常ににきび予防のために色々な対策を講じていることでしょう。



    しかし、何をやってもやっぱりにきびができてしまうから悩むのですね。
    何をしても無駄、と諦めてしまっているかもしれません。

    しかし、もしかしたらその対策がちょっとずつ間違っているという可能性もあるのではないでしょうか。

    OKWaveの情報はこちらのサイトです。

    例えば基本の予防策として洗顔があります。



    洗顔なんて基本中の基本ですし、ちゃんと毎日アクネ用の洗顔フォームでしっかり洗っているという方が多いでしょう。

    でも、洗い方ひとつにもコツがありますし、洗顔フォームの選び方にも問題があるのかもしれません。
    まず、アクネ用の洗顔フォームは洗浄力が強く、殺菌効果を重視しています。

    ニキビの原因は雑菌の繁殖によるものですから、殺菌効果は大事かもしれませんが、強すぎる洗浄力で、肌を守る皮脂や角質まで取り除いてしまっているかもしれません。
    ニキビが憎いあまりにゴシゴシ擦ってしまい、自ら肌バリアを壊しているのではないでしょうか。

    にきびを予防するためには、まず肌バリアを強化することが必要です。
    まずは、低刺激の洗顔フォームを泡立てネットで泡立てて、泡で汚れを落とすという意識を身につけましょう。

    手でゴシゴシ擦らず、汚れは泡に吸着させるのです。

    そうすれば、必要なものは残しながら汚れだけ取り除くことができるので、肌荒れの予防にもなりますし、黒ずみやくすみも解消することができるようになります。