• 食事によるにきびの予防

    にきびの予防には生活習慣の見直しが必要ですが、その中でも食生活の見直しは有効な手段です。



    特に、偏食傾向の多い人や外食が多い人は、少し食生活を見直すだけでも大きく改善が見られる場合があります。


    にきび予防のためには、バランスの良い食事が基本ですが、そこににきび予防に有効な栄養素を取り入れることでより効果が期待できます。有効な栄養素としては、人参やほうれんそう、うなぎなどのビタミンA、たまごやレバーなどのビタミンB2、まぐろやかつおなどのビタミンB6、緑黄色野菜や果実などのビタミンC、レバーやうなぎなどのビタミンE、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルなどを積極的に取り入れます。
    ビタミン類は、肌のターンオーバーを促したり、皮脂分泌を抑制したりと、肌の状態を正常に保つために必要な栄養素です。



    また、便秘や肥満などは、肌にも影響を与えてしまうため、さつまいもやごぼうなど食物繊維を含むものも食べるようにし、脂質代謝を調整します。

    反対に、動物性脂肪や糖質は、過剰摂取にならないように気をつけます。

    からきゅれの情報を要約した情報サイトです。

    特定の食べ物とにきびの関係は明確化されてはいないものの、皮脂の主成分の一つであるトリグリセリドの増加を避けるためには、過剰摂取にならないように望ましいとされています。ただし、食べたいものを我慢し過ぎるとストレスになってしまい、さらに悪化してしまうこともあるため、自分でできる範囲で無理なく気をつけるように心がけます。