• お尻のにきびを予防する方法

    普段人目につかない部分なのであまり気にしないお尻のにきび。


    しかし、座るたびに痛みが生じたり、いざ温泉・プールなどという時には意外と視線を集める部分なだけに気になってしまいますよね。


    お尻のにきびは一旦できてしまうとなかなか治りにくい部分。


    ですから、できればできる前に予防したいところです。

    教えて!gooに関する情報を公開中です。

    お尻のにきびの原因はなんでしょうか。
    予防策はありますか。
    お尻のにきび原因はたくさんあり、ひとつに、過剰な皮脂分泌や角質によって毛穴が詰まることによって生じます。
    お尻はサラサラしてそうで意外に皮脂分泌が多い部分。
    また、直にお尻を触ってみると分かると思いますが思っている以上にザラザラしていて肌の表面が分厚く、かたく感じないでしょうか。



    それもそのはず、座っている間はいつも全体重がお尻にかかるので肌への刺激が強く、加えて下着などの摩擦によって角質が厚くなってしまうのです。



    角質が厚くなれば毛穴も塞がれやすくなりにきびができてしまうのです。

    また、ニキビができる別の原因としては、お尻を強く洗ってしまったり、シャンプーやリンス、ボディソープなどのすすぎ残しがお肌の刺激になるということもあります。


    予防するためにできることとしては、お尻を強くこすらない。


    シャンプーなどのすすぎ残しがないようにしっかり洗い流すこと。

    座りっぱなしを避け、下着もお肌に優しく通気性の良いものしようすることでお尻への刺激やムレを防いでいきましょう。