配送車の塗装は簡単なラッピングで

配送車を購入したら、車体全体を自社のイメージカラーで塗ったり、社名やロゴを入れたりといった作業も行うでしょう。

こうした作業は購入とセットで行う場合がほとんどで、作業は一台ごとの手仕事になります。当然ながら納入までの期間は長くなりますし、費用もかかります。少しでも早く配送車を稼働させたい場合に有効なのが、ラッピングという方法です。この方法は、専用のフィルムにデザインを印刷してこれを車体に貼り付けるというもので、どんな形状の車体でも対応出来ますので、リフトなどを取り付けた自社仕様にした配送車などにも適用可能です。

ラッピングが塗装よりも優れているのは、まず費用面で安価という点でしょう。塗装はどうしても職人技が必要になりますので、より手の込んだデザインになるほど費用もかさみ、作業できる工場も選ばないといけなくなりますが、ラッピングの場合にはデザインは予め印刷しているので、工場で行うのはフィルムを貼る作業だけになります。

全く技術がいらないというわけではありませんが、塗装に比べれば遥かに簡単に出来るので、より安価に仕上がるのです。しかも出来栄えは、印刷物ですので確実によいものが上がってきます。一度フィルムを貼ってしまえば、素人目には塗装との見分けは全く付きません。ラッピングは電車やバスなど公共の機関でも多用されている事から、信頼性も高い技術だという事が分かります。配送車もラッピングを用いれば、簡単にドレスアップが可能なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *