配送車へのラッピングも増えている

ラッピングは被せるという意味で、ラッピング車両はシートを車体に貼り付けているのが特徴です。

よく街中で見かける配送車には社名やロゴなどが描かれていることがありますが、その中にはラッピングを使っているものもあります。現在でも配送車に塗装でデザインしていることもありますが、メリットがあるのでラッピングの割合も増えてきました。まず、フルカラーの高解像度の印刷ができるので、塗装ではできない写真を使うこともできます。

写真に限らずとも、使える色の範囲が広くプリンターで印刷するので、手で行う塗装よりも見栄えは格段に上です。しかも使わなくなれば剥がすだけで元通りになります。塗装ならそうはいかず、剥がして再塗装するとなれば手間もコストもかかってしまうでしょう。配送車の中でも、複雑なデザインをしているものはほぼラッピングと考えても良いです。

シートは熱処理で貼り付けていきますが、シートなので複雑な形状にも合わせやすいです。綺麗に貼るためにはコツが必要ですが、この分野を扱う業者なら問題なく仕上げてくれます。見た目を変えることを目的としていますが、車体にシートを貼ることでボディの保護にもつながります。道路を走っていると石がぶつかって傷になることもありますし、雨水に晒されれば塗装は劣化します。表面にシートを貼ってきる状態なら直接それらに触れることはないので、本体の塗装やボディについてはきれいな状態で保つことが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *