配送車が広告にもなるラッピング

配送車は、荷物を運ぶために用いられる車です。

配送業者もあれば、自社で運用している車両もあります。いずれも道路を走り回る機会が多いので、これを上手く活用することで宣伝をすることが可能です。よく見かける配送者には、企業のロゴやサービスの宣伝がなされていることがありますが、最近は塗装ではなくラッピングが使われています。

配送車自体の塗装には手を加えずにデザインに手を加えられます。さらに、印刷なので複雑な塗装では実現できない見た目にすることも可能です。配送車は大型である事が多いので、注目を集めやすいです。中には会社の連絡先をラッピングのデザインに取り入れていることもありますが、直接のアクションにも期待できるからこそ記しています。ラッピングは大掛かりになれば費用が数十万円かかってしまいますが、本体自体の価値を下げないことやデザインの柔軟性などの点は塗装よりも優れています。

変更する必要が生じないなら塗装でも良いですが、一時的なキャンペーンの宣伝をしたいといった場合には、ラッピングを選んだほうが良いでしょう。配送車を使った宣伝はよく見られますが、強く印象に残ってくれます。一般車両には施されていないため、相対的に目立つからです。そうなれば広告効果は絶大で、こちらに費用をかければほかの宣伝費用を抑えることにもつながります。配送車の台数が多ければ注目される機会は多くなるので、より効果は高くなっていきます、

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *