配送車に使われるラッピングとは

ラッピングは最近広がりを見せているもので、ボディーペイとの代わりにシートを貼り付ける方法で見た目をカスタムします。

趣味の領域でも痛車と呼ばれる分野で使われていますし、ビジネスの分野でも配送車に施したり、広告宣伝カーに活用したりしています。配送車は、普段業務でいろんな場所を回りますが、そこにラッピングをしておけば、普段の業務に使うだけで宣伝をすることができて効率的です。ラッピングは自由度も高いので、シンプルな自社ロゴを入れるだけでも、扱う商品の写真を入れることも自由自在で、配送車にデザインを加えたいときに活用する手法としておすすめです。

塗装は簡単に変更することができませんが、ラッピングははがすだけです。塗ってから乾燥させる塗装とは違い、シートを貼ったらすぐに乗ることができます。簡単にできるということで、例えばキャンペーンの告知をするのにも使えますし、機動性があって宣伝の幅が広がるでしょう。作るのは塗装に比べて高いのがネックで、普通車だと30万円前後、大型車のフルラッピングにもなれば80万円くらいの費用は掛かります。

費用は掛かる分、かなり自由度は高いので、積極的にアピールをしたい場合に活用すると、大きな効果を出すことができるでしょう。もちろん、部分的な物であればそんなに高くはなく、ワンポイントだと10万円以下でやってくれるところもあります。業者によって費用は異なるので、気になる場合は見積もりを出してもらいましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *