配送車をラッピングすることで商用利用も可能

観光地で運行されているバスや鉄道など、昨今はカラフルなイラストのものが増加しています。

これは「ラッピング車両」と呼ばれるもので、イラストが描かれた特殊フィルムをバスや列車に貼り付けるだけと手間が掛からず用いられやすいのが特徴です。不要になればフィルムを剥がすだけで元通りの車体に戻すことも可能で、路線バスの場合だと年契約の広告スポンサー名を記載している場合も多いです。ラッピング車両の良さは何と言っても、目立つ存在であるということでしょう。

宅配業界の場合だと、配送車は1日に広範囲を移動することになりますが、この配送車に自社広告または提携会社などの広告をラッピングするだけで、数多くの人の目に触れることになります。ラッピングの費用は軽ワゴン車だと1台あたり約6500円、大型トラックだと約2万円ほどなのでさほど高い費用を出すことなく、そして通常業務をこなしながら宣伝が出来るので一挙両得と言えるでしょう。

なお配送車のラッピングの場合は、会社名・公式Webサイトの検索キーワードとイラストのみの情報量に抑えておくのが宣伝効果が高くなります。その理由は、主に信号待ちをしている時や荷物の積み下げ時の短い時間でしか停車をしていることがなく、その限られた時間内で目にする人の印象に残るようにしないといけないからです。あまり情報を詰め込み過ぎると何の会社で何を伝えたいのかわからず、かえって印象に残らなくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *