配送車にラッピングをすることで広告塔にできる

配送車は、日々業務で道路を走り回りますので、人の目に触れる機会は多いです。

それを活用して、配送車にラッピングを施せば、動く広告塔として役立てることができます。これは結構な効果があり、誰しも街中を走る宣伝車を見て気を国残った経験もあるのではないでしょうか。しかも、ラッピングをするだけで広告掲載料がかかるわけでもなく、自社の配送車にデザインを入れるだけなので、宣伝コストも抑えることができます。しかも、ただの広告は動かないのでその場所にいる人しか見ることがありませんが、動く宣伝ならいろんな地域のいろんな人に見てもらうことが可能です。

ラッピングはシンプルな物から派手なものまで自由自在なのも、塗装と比べて優れている部分です。塗装は手作業で行うので、細かいデザインにするのは難しいです。その点、フィルムに印刷をするラッピングなら、細かなデザインも思うが儘なので、好きに作ることができて柔軟性は高くなっています。そして、一番特徴的なのが、剥がせば元に戻ることです。

何か塗料を塗りつけているわけではなく、あくまでフィルムでボディを覆っているだけなので、簡単に元に戻せます。もちろん、だからと言って耐候性が悪いこともなく、一度の施工で4年から5年ほどは持つと言われていますので、すぐにダメになってしまうわけではありません。このように、利便性が高いラッピングは配送車に用いることで、宣伝に繋げることができるため、非常に便利な施工方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *