自動車のボディの種類

今はもうミニバンやノーズの短いコンパクトカーが主流ですが、少し前までは乗用車と言えばボンネットとトランクの独立した3ボックスカーが主流でした。

この3ボックス車では、更にセダン、ハードトップ、クーペなどがバリエーションとして存在し、更にステーションワゴン、ピックアップなども存在しました。それぞれの意味を解説しましょう。まずセダンですがこれは一般的には3バックスの乗用車で窓枠のなるものと言う定義ですが、実はオーナードライバー向けの乗用車と言う意味でリムジンに対してセダンと言いいます。軽セダンと言う言い方があり、2ボックスの軽にセダンは変な気がしますが、軽バンではないオーナードライバーの自動車と言うことで軽セダンです。

ハードトップはドアに窓枠のない自動車ですが、オープンカーのルーフの折りたたみ出来る車に対してハードトップと言う意味ですセダンよりカジュアルな自動車です。ステーションワゴンはルーフをボディーの端まで伸ばして荷物が積めるようにした乗用車で旅行へ行く人を駅まで送り迎えした車として、ステーションワゴンと呼ばれました。更にピックアップ乗用車をベースに後部座席から後ろを荷台にしたトラックで乗用車的な雰囲気の小型トラックです。

運転席から前は乗用車そのものなのが大きな特徴ですが、今、日本ではあまり流行っていません。以前は乗用車にもトラックのような梯子型のフレームがありボディは強度に直接関係なかったので、ボディを大きく変更したバリエーションモデルがたくさん用意されていましたが。今はモノコックフレームとなり一つのシャーシを共有する様々なモデルは少なくなりました。
配送車のラッピングのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *