配送車両のラッピングをする

配送車両のラッピングは企業イメージの告知を目的としている、企業の経営戦略として現在は当たり前のように多くの企業が採用しています。

自社で保有している車両などの有効な戦略導入がされていて、人やものなどへのサービスを移動させることのないように行います。企業や顧客を直接結びつけることのできるハートフルな話となっています。新車は白の配送車両で、イメージにあったフィルムでラッピングをすれば済むのでコストダウンにも繋がっています。

ラッピング広告と呼ぶこともありますが、配送車両の部分はコストがかからないので日々の広告料が削減できる結果になります。現在増えつつある効果をしっかりと出せるように包装車広告という位置付けにすると、効果の測定の方法がほとんどないことに気がつきます。看板の宣伝としても同じで、効果測定ができない面もあり逆に媒体費として言い値のような価格設定にされます。電車の中にある広告やテレビでのコマーシャルも効果測定ができているのかは、不明で視聴率も番組単位でしかわからないのが事実です。

コマーシャルの部分での視聴率がわかることはほぼありません。電車も同じですが、駅や乗車している乗客が全て見ているわけではなく見てもすぐ忘れるか、全く見ていない可能性もあります。広告で効果的なのは繰り返し見続けることで覚えていくことで、それ以外はあまり効果がありません。ポスターやチラシなどの媒体と一緒にラッピングを行うことで、相乗効果を得ることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *