配送車両のラッピングで意識付け

配送車両のラッピング効果は、街中を常に走ることで歩行者や近隣を走っている車のドライバーへ宣伝効果があります。

ただ移動するだけの手段には止まらず、人目に触れることのメリットを使ってラッピングしていきます。自社で所有している車を活用するだけで、費用は包装にかかる料金だけで半永久的に宣伝費を削減することができます。地域に密着した配送車両が多い企業には会社のブランディング構築のためにも、必ず必要となる日が来ます。

配送車両は大型車両Jになるので、面積が広いということでそこへ広告を貼ることは大きな可能性も秘めていることになります。包装車は年月が経つと、劣化してしまいますが最新のものは見た目を新車のように変えてしまうことも可能です。傷がついても色がくすんでも、内部のメンテナンスがしっかり行われていれば問題ありません。また新車に変える必要もなくコストを削減することができ、宣伝効果を得られる一石二鳥となります。新規の顧客だけではなく、今現在の取引先の企業にもアピールすることが可能です。ラッピングされている綺麗な車両が取引先へ入っていく姿は、それだけでもクリーンなイメージを与えます。

自然に他の利用者のさらなる獲得につながる可能性もあり、ラッピングをしていてもデメリットはあまりありません。配送車にラッピングをすることによって、運転しているドライバー・営業担当者が会社の代表として名前を掲げていることを意識させるためにも有効です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *