ラッピングトラックはどんな自動車関連の施工をするか

ラッピングされて華やかな車体で鮮やかに走り抜ける姿を見かけることも増えましたが、その一方でトラックなどの大きなボディとなるとどんな風に作業をするのか、自動車関連に興味がある方もいるのではないでしょうか。

基本的な施工としては、専用のフィルムを貼っていく作業が中心となりますが、とにかく貼れば終わると言うわけではありません。特にラッピングする範囲が大きくなりがちなトラックは、フロント周りの作業だけでも簡単そうに見えてかなりの労力を使います。車体は綺麗な状態にした上でキャビンを傾け、空気が入らないように細心の注意を払って作業していきます。

場合によってはフィルムを分割して貼っていくこともありますが、これも継ぎ目が分からないように綺麗に張っているのですから、見る機会があればさすがとしか言えない位です。もちろん側面となればそれ以上の広さですし、でこぼことした面があればその辺りにも配慮して作業をしていくので、自動車関連の作業に慣れていたとしてもとても神経を使います。

職人と言っても良いぐらいのラッピングをしてくれる作業の方の手によって、トラックが見違えるような印象に生まれ変わるのはとても面白いものです。自動車関連の作業でもフィルムを貼るだけとなると一見簡単そうなのですが、やはり細かな作業の積み重ねである事には変わりません。自分たちが見かけたラッピング車両も、いろいろ尽力した上で出来上がっている事が実感できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *