トラックのラッピングのプラン選び

都市部を中心に配送作業を行っている場合には、保有しているトラックにラッピングを施すことによって企業PRが行えるようになります。

しかし初めてトラックにラッピングをする場合には、良いデザインを決めるまでの作業がハードなのが実情です。そのようなときには企業をロゴをそのままデザインとして活用すると、短時間で所有している車両にフィルムを貼ることができます。一方でトラックの車体を広告スペースと位置付けている企業は、ラッピングのデザインにも強くこだわっています。

そのためにデザインを決めるまでの所要時間も長くなる傾向が顕著であり、施工会社からアドバイスを受けるケースも多いです。デザイナーに依頼して新しいロゴを作成してもらったり車体の色を決めると、通常よりも高い広告宣伝効果が期待できる車両に仕上げることができます。すでに長期間ラッピング車両を運用している企業の多くは、フィルムの耐用年数に合わせてデザインのリニューアルも考えています。定番の商品の画像を車両のラッピングに使い続ける方法もありますが、デザインを変えてイメージを一新したいというニーズも根強いです。

フィルムを貼り付けたお洒落な車両の導入によるPR効果が確かめられたときには、更に洗練されたデザインを導入するのが理想的です。新商品を投入して積極的に営業を開始する時が、車体のリニューアルの絶好のタイミングです。最大で8年程度の耐用年数がありますが、こまめにフィルムを貼りかえると企業と商品のイメージアップにも役立ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *