配送車両のラッピングのポイントとは

特定の納入先に対して定期的に商品を配送するトラックや不特定の顧客に品物を配達する軽自動車など、配送車両には様々なタイプがあります。

したがって保有している配送車両のラッピングを思いついたときには、商品輸送のスタイルに合わせて最適なデザインを決めることが重要です。また数十台の車両を保有している企業も多いために、コストを重視して車両のラッピング作業を依頼するべきです。大量発注時には料金が割安になる会社を利用すると、企業の広告宣伝のコストも大幅に減らせます。

定期配送を行っている場合には顧客がスーパーなどのケースも多く、食品や生活用品などを納入するのが一般的です。そのような場合には商品名と合わせて画像もラッピングのデザインに含めると、更に宣伝の効果を高めることができます。納入先によって輸送する商品の種類が異なるときには、1台ずつ配送車両のデザインを変える方法もあります。目的別にラッピングのデザインをきめ細かく変更するのが、トラックを活用した企業PRの裏ワザです。

しかし個人向けに配送業務を行っているときには、まず最初に企業名や電話番号などを覚えてもらう必要があります。そのためには、受注につながるようなインパクトを与えるデザインを選ぶことが肝心です。車体の横に大きく電話番号をラッピングすると、地域住民にも強くPRすることが可能になります。そしてフィルムを貼り付けた車両を導入した後で宣伝効果を確かめるのが、リニューアルに向けて準備を開始する場合の基本です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *