塗装よりも簡単!イベント車両のラッピング

イベントを盛り上げるために今や不可欠ともいえるのが、美しくデザインされたイベント車です。

一目でイベント内容を理解できるような効果的なデザインは、宣伝広告媒体としては申し分ないでしょう。しかしながら、実際にイベント車両を用意する場合に頭を悩ませるのが、このコストです。デザイン費用、あるいは塗装費用はそれなりの金額がかかります。さらに車両全体を塗装する場合は、イベント終了後に元も戻すのも大変です。二十二費用がかかってしまうことも珍しくありません。

その為、最近では塗装に代わる方法である、ラッピングという方法を用いられることが多くなっています。ラッピングとは、あらかじめデザインが印刷された専用のシートを車に貼り付けるというものです。貼り付け自体もそれほど難しいものではなく、練習すればだれでも綺麗に行うことができます。シートを貼り付けるだけなので、イベント終了後にははがせば元通りとなります。

イベント車両のラッピングにかかる経費と言えば、シートの代金のみとなるため、塗装に比べるとかなりコストカットが可能になります。イベントが間近に迫っていて、とにかくイベント車両の準備を早めに行う必要がある場合はシートの貼り付けも、場合によってはプロに依頼するのも一つでしょう。シートは張り直しこそできるものの、初心者には車両のようないきなり大きなものへシートを貼るのは中々大変です。失敗してシートを無駄にするのが心配なら、とりあえず業者へ任せるのが一番です。
イベント車のラッピングのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *