イベント車両のラッピングを自分でやる方法

もしもイベント車両のラッピングを安価でやりたいなら、自分たちで施工してしまうという方法があります。

難しいといったイメージを持っている人もいるのかもしれませんが、道具があってコツさえ知っておけばそれほど困難ではありません。まずやっておきたいのはイベント車両の清掃です。埃や小石が付着した状態だとラッピングしてもすぐに剥がれてしまうのです。おまけにイベント車両にはワックスなどが付いている可能性もあるため、それも綺麗に取っておきたいものです。そしてせっかく美しく磨いたのに、すぐにまた汚れがつくのまた洗わなくてはいけません。

そのためガレージなどがあるならそこで作業をしておくのがポイントです。ここからいよいよラッピング作業に入りますが、水に中性洗剤を溶かしたものを用意しましょう。それを接着面にまんべんなく塗っておきます。この工程をしておくだけで、貼ったラッピングを自由に動かすことができるのです。

そのことで歪んだりシワが寄ったりしたとしても修正が可能です。場所が決まったのなら、真ん中から外側に向かって洗剤や水をこすり出していきます。万が一気泡が残ったとしても、完全に接着してしまう前なら押し出すことができます。それでも無理なら針で突いて穴を開ければ平らになる場合が多いです。もしもそのままラッピングを剥がさずに残しておきたいなら、上から透明なスプレーを振りかけておきましょう。固まれば表面の保護になるので、長持ちさせられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *