イベント車両のためのラッピングの特徴

イベント車両を演出するにはラッピングと塗装の2つの表現方法があります。

塗装を採用した場合と対比してメリットや特徴を検討してみましょう。塗装の仕上りは設備の充実度やスタッフの熟練にした技術に依存することになります。経験豊富な職人に仕事を依頼できれば満足のいく結果を得られることになりますが、そうでなければムラが出る可能性があるので一定のクオリティの常に確保することができるとは限らないことになります。

これに対してラッピングを採用したときにはデジタルプリンターでデザイン案を出力するので再現性が高く、画素数の高い写真など精密さの要求されるグラフィックスのイベント車両にも対応することができます。また仕上りまでの施工期間の切り口で分析してみても違いがあります。特に車両への塗装は安定した被膜を確保するには十分乾燥させる必要性が高く、施工期間の目安はおよそ3週間が目安とされているのです。

他方でラッピングではデザイン内容などによってばらつきが見られるものの、おおむね2週間程度の納期を見れば大丈夫とされています。作業の中核となるグラフィックスを貼る施工自体は1日で終了するので、一度意匠やデザインが決定すれば迅速な施工も可能になっています。仮に複数台のイベント車両を確保しなければならない状況でも刷りましも容易に行えます。イベント車両のコストや施工期間などで見るとラッピングのメリットが明らかになるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *