イベント車両のラッピングについて

ラッピングされたイベント車両の非日常感は人の目を引き付け、両自体が広告となっていますのでどんなイベントが行われているのかも一目でわかりイベントの集客にも役立ちます。

ラッピングされたイベント車両には、車両の荷台がステージとなる「ステージトラック」、お弁当やパンなどの販売に使われる「販売車」フード系のフェスティバルなどで使われる「調理と販売を兼ねた車両」など、用途により様々な種類があります。イベント車両にラッピングをするメリットは会場や場所が華やかな雰囲気になり高揚感を与えることができます。その結果購買意欲や体験意欲が高められます。

また車両ですのでその会場に到着するまでの道のりでも人々にインパクトを与えることができ、動く広告として移動中も常にアピールができます。ラッピングは塗装と違い大きなフィルムを車体に張り付ける方法のことです。フィルムですので簡単に貼ることも剥がすこともできます。車体の大きさも選びません。

軽自動車から大型車両まで幅広く施工することができます。方法としては車体全体を覆うラッピングと、ボンネットやリヤ部分など一部だけに施工するものがあります。料金は施工を請け負う業者により若干変わってきますが、インターネットでも施工業者は目安となる平均金額を表示していますので、何社か選んだ後で、実際に見積もりを取ると良いです。その際に施工料金だけでなく、実績や施工後のサポートの有無などの点もチェックすることをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *