路線バスでもラッピング広告はインパクトがある

路線バスと言えば、街中でも多く走っていますし、鉄道の走っていない方面やこんな山奥までという地域までも走っていることがあります。

路線バスは、ちょっと買い物に行く時、病院に通院する時などにも便利な庶民の足ですし、それに山の中から街へ用事で出る時にも便利です。また観光地へ行った時の移動にも使えます。どこのバス会社でもほぼ毎日運行していますし、通勤や通学、買い物、旅行などで多くの人が利用する重要な公共交通機関の一つです。さて最近は、車両などに施すラッピング広告というものが流行っています。塩化ビニール製のフィルムに印刷を施して、それを車や電車、飛行機、船舶などに貼り付けます。

大きな物ほどそれを見た人にインパクトを与えることが出来ます。いつもの塗装とは違うデザインが施されていると、その珍しさから写真をインターネット上にアップする人もいるはずです。路線バスも車内に多くの広告を掲載しているのを見かけますが、車体の横や後ろにも長方形の小さな枠を付けて、そこに広告を入れ表示しています。

小さな枠にするのは、それがどこの会社の路線バスかわかりにくくなるのを懸念しているのかもしれません。バス停で待っている乗客はフロントガラスの上の行き先表示も見ますが、バスの色でも区別することもあるでしょう。ところが最近は、窓を以外の車体全体に広告を施す、ラッピングをすることも珍しくなくなってきたように思います。アニメのキャラクターや企業の広告が大きくラッピングで描かれることもあり、とてもインパクトがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *